shiryoseikyu_over.jpg
資料請求はこちらからどうぞ!

2019年08月20日

【大卒程度公務員】 本日、国家公務員の合格者発表日です!

みなさん、おはようございます!東京アカデミー町田校公務員担当の阿部です。
本日8月20日は、2019年度国家一般職(大卒程度)及び国家専門職(大卒程度)の
合格者発表日です。

最終合格者発表
 ・一般職試験(大卒程度試験)
 ・皇宮護衛官(大卒程度試験)
 ・法務省専門職員(人間科学)
 ・財務専門官
 ・国税専門官
 ・食品衛生監視員
 ・労働基準監督官

第2次試験合格者発表
 ・航空管制官

合格発表は人事院の専用サイトで確認することができます。
http://form1.jinji-mail.go.jp/c?c=1943&m=20167&v=fd55e3a4
※掲載期間 8月20日(火)9:00〜8月26日(月)17:00

受験生の皆様、第二次試験、本当にお疲れ様でした。

そして、以前より東京アカデミーもブログやホームページにてお知らせしておりまし
た通り、
国家一般職においては本日8月20日より内々定解禁となります。
官庁訪問のルールが変更となったことに伴い、内々定を2つ以上の府省等からもらう
ことは
できませんのでお気を付けください。
尚、東京アカデミー通学講座生で内々定先の絞り方で悩んだり、困ったりしている方
は、
お近くの東京アカデミーまでお問い合わせください。

皆様のご健闘を引き続き、お祈り申し上げます。


posted by 東京アカデミー町田校 at 09:00| 公務員(大卒程度) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月14日

次々と・・・民法改正『家族法〜親族編 特別養子縁組』

こんにちは。
東京アカデミーの福島です。

今日も公務員試験行政の専門試験の話。
専門試験にとどまらず、今日のお話は、教養試験の時事問題で出てくる可能性もありますので、ご注意を。


6月7日に民法改正が行われました。

相続法改正(=非嫡出子相続分 2013年12月5日改正)、
親族法改正(=再婚禁止期間短縮 2016年6月1日改正)、
債権法改正(2017年5月26日改正)、
成年年齢改正(2018年6月13日改正)、
相続法改正(2018年7月6日改正)、
につづく第6段です。

改正されたのは、民法817条の5です。

第八百十七条の五 第八百十七条の二に規定する請求の時に十五歳に達している者は、養子となることができない。特別養子縁組が成立するまでに十八歳に達した者についても、同様とする。
2 前項前段の規定は、養子となる者が十五歳に達する前から引き続き養親となる者に監護されている場合において、十五歳に達するまでに第八百十七条の二に規定する請求がされなかったことについてやむを得ない事由があるときは、適用しない。
3 養子となる者が十五歳に達している場合においては、特別養子縁組の成立には、その者の同意がなければならない。


このほか、関連する法律の改正として、家事事件手続法3条の5、164条、164条の2、234条〜239条、別表第一、
児童福祉法11条、33条の6の2、33条の6の3があります。

http://www.moj.go.jp/content/001296722.pdf

今回の改正について、法務省は以下のように説明しています。


特別養子制度は、家庭に恵まれない子に温かい家庭を提供して、その健全な養育を図ることを目的として創設された、専ら子どもの利益を図るための制度です。
現在、児童養護施設等には、保護者がいないことや虐待を受けていることなどが原因で、多数の子が入所していますが、
その中には、特別養子縁組を成立させることにより、家庭において養育することが適切な子も少なくないと指摘されています。

そこで、特別養子縁組の成立要件を緩和すること等により、この制度をより利用しやすいものとする必要があります。

今回の改正では、特別養子制度の利用を促進するために、
特別養子縁組における養子となる者の年齢の上限を原則6歳未満から原則15歳未満に引き上げるとともに、
特別養子縁組の成立の手続を二段階に分けて養親となる者の負担を軽減するなどの改正をしています。

なお,今回の改正は,公布の日から1年以内の政令で定める日から施行されることが予定されています。


http://www.moj.go.jp/MINJI/minji07_00248.html


平成26年〜27年の間に、「要件が厳格」等の理由で特別養子制度を利用できなかった事例 が298件。
うち「実父母の同意」を理由とするもの は205件 、 「上限年齢」を理由とするもの 46件あったそうです。

そこで、見直されたのが以下の2件です。

@ 特別養子制度の対象年齢の拡大
A 家庭裁判所の手続を合理化して養親候補者の負担軽減

今回の改正についての概要は、こちらの法務省のサイトのビラが分かりやすくまとまっています。
http://www.moj.go.jp/content/001296669.pdf

まだ、民法の専門書等でも改正の動向として概要が載っているだけですので(たとえば、わたくしが先月買った、前田陽一ほか「リーガルクエスト民法Y 親族・相続(第5版)」(2019年6月30日 有斐閣)の164〜165頁。買ったばかりなのに・・・)、上記ビラで内容を確認しておきましょう!

問題は施行日ですが、成立から1年以内ということで、2020年の専門試験での出題は微妙です・・・。

ただし、新聞報道もされていましたから、来年の教養試験に出題されてもおかしくありません。

東京アカデミー町田校では、
2020年実施の公務員試験の合格に向けた、
通学講座「9月生」を現在、好評受付中です!!
9月24日開講予定です!

詳しくはこちら!
http://www.tokyo-ac.jp/lesson/49801.html#long

また、債権法改正については、東京アカデミー各校舎で無料イベントを予定しています。
関東地区では、池袋校で実施を予定!
今回の公務員試験攻略イベントは「民法改正攻略ゼミ」として、
【第1部 民法改正はチャンス(90分程度)】
【第2部 専門試験と教養試験(60分程度)】
の全150分、無料で開催します!
2020、2021年度試験を目指す公務員志望者の皆さん、必聴です!!

詳しくはコチラをご覧ください!
http://www.tokyo-ac.jp/university/special/index.html
posted by 東京アカデミー町田校 at 16:00| 公務員(大卒程度) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月12日

公務員試験行政職・専門科目「国際関係」を学ぶ前に・・・「トランプ ─ 北朝鮮時代に必読、5分でわかる国際関係論』(スティーブン・ウォルト ハーバード大学ケネディ行政大学院教授=国際関係論)

こんにちは。
東京アカデミーの福島です。


今日は、公務員試験の行政の専門科目のお話。

公務員試験の行政職の専門試験は、多くの科目があります。

専門試験のうち、重要科目は、「憲法」「行政法」「民法」「ミクロ経済学」「マクロ経済学」となります。
これらの4大科目(ミクロ経済学・マクロ経済学を<経済学>と一つにまとめると)は
公務員試験生の多くが力を入れて勉強していると思います。

この次に力点を置くべき科目は、財政学・経営学のほか、いわゆる<行政系科目>になってきます。

<行政系科目>とは、政治学、行政学、社会学、国際関係、社会政策を言います。


今回は、その行政系科目の中から、国際関係のお話を。

経済学が苦手!という方は、暗記系の行政科目でカバーを、と考える人も多いと思います。

では、行政科目のなかの<国際関係>とはどのような科目なのでしょうか。

国際関係は、国家公務員一般職の行政職専門試験の1科目です。
地方公務員試験上級でも、
A日程全国パターンで2題、
A日程関東パターンで3題、
A日程中部北陸パターンで2題、
B日程市役所で2題、
C日程市役所で2題の出題があります。

公務員試験の国際関係は、政治学・世界史・日本史など、他の出題科目とかなり重複する部分がありますので、関連する部分を意識しながら学習を進めていくことで効率的なマスターが可能となります。
特に、第一次世界大戦から第二次世界大戦にかけての世界の流れや、第二次世界大戦後の世界の流れについての知識が、国際関係のマスターにとても役立ちます。

国際関係は、総論と各論に分かれます。

総論で学ぶ内容は、国際法、理論(思想家・学者)、国際組織などです。
各論では、世界情勢(各地域の情勢)、時事問題が中心で、各エリアの動向、外交史・軍事戦略、国際経済・国際援助・環境問題等を学びます。

その学習の前に、是非、読んでいただきたいのが、ニューズウィーク日本版のこの記事です!


日本語訳の記事として配信された、『トランプ ─ 北朝鮮時代に必読、5分でわかる国際関係論』(スティーブン・ウォルト ハーバード大学ケネディ行政大学院教授=国際関係論)(2017年8月21日(月)19時30分。翻訳:河原里香氏)です。

https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/08/-5_1.php


大学卒業後、5年経っても覚えている(=それだけ価値のある)ことだけを5分間で教えるTV番組のあるコーナーになぞらえて、国際関係の超重要概念を5分で説明しよう(読める・理解できる)とするものです。

5つの基本概念で国際関係を学ぶ魅力を伝えようとするものです。

その5つの概念とは・・・
@ アナーキー(無政府状態)
A 勢力均衡論(バランス・オブ・パワー)
B 比較優位(または「貿易利益」)
C 誤認と誤算
D 社会構成主義

たとえば、アナーキー(無政府状態)のところでは、
「国際社会にはパトロールの警官はいない、・・・(中略)疑うなら、ロシアにクリミア半島を奪われたウクライナ(・・・略)に聞くといい。」というような説明で、とても分かりやすく説明しています。

是非、5分間で上記記事を読んでみてくださいネ!5つの概念を覚えたら、国際関係の学習に取り組んでみましょう!
とくに、東京アカデミー「公務員試験準拠テキスト 国際関係」は、膨大な出題範囲の中から合格に必要な頻出ポイントと盲点をわかりやすく整理し、過去問題で出題項目の理解を確認できる、とても優れた教材です!
posted by 東京アカデミー町田校 at 17:20| 公務員(大卒程度) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月24日

民法攻略ゼミ

こんにちは。東京アカデミー町田校の公務員担当です。

以前もこのブログでご案内いたしました、8月上旬より全国各校で開催いたします公務員試験攻略イベント『民法改正攻略ゼミ』についてのお知らせです。

今回の公務員試験攻略イベントは【第1部 民法改正はチャンス(90分程度)】、【第2部 専門試験と教養試験(60分程度)】の2部構成で全150分、無料での開催となります!

第1部では、民法が120年ぶりに改正、2020年度から施行されるにあたって公務員試験への影響や、攻略のポイントについて、各校で長年講義を担当しているベテラン講師がご説明いたします。

2020年度の公務員試験にどの程度影響がでるの?
以前と比べて、難しくなる?それとも簡単になる?
改正にあたって、具体的に何を対策すればいいの?

などといった疑問も、このゼミに参加して解決しましょう!

また、第2部では、専門試験アリのメリットについての説明や試験の攻略法の解説に加えて、国家公務員の基礎能力試験(教養試験)の選択肢の秘密についての耳寄り情報もお伝えします。

今日は、なんとその国家公務員の基礎能力試験(教養試験)の選択肢の秘密についての内容を一部お見せいたします。

国家公務員(選択肢正答率)_page-0001.jpg

上表は、国家公務員試験大卒程度一般職〈試験形式が変更された、平成24年から8年分〉の正答の選択肢になり、今回は文章理解【一例】をご紹介します。

【文章理解】
選択肢正答数のシェアを比較すると、圧倒的に、選択肢4が多く、次いで選択肢3.5が多い傾向です。言い換えれば、選択肢1.2が少ないです。これは、受験生が問題を解く際、選択肢1(上)から順番に肢を見極めていくことが一般的なため、仮に、選択肢1.2の正答が多いと、短時間で解答を終えることになりますので、このような問題構成になっていると推察されます(※問題を解く時間がない場合は、選択肢3〜5から見極めていくのも一考)。

当日は、一般知能、一般知識の選択肢の秘密も公開いたします!
今後の皆さんにとって必要な情報やノウハウ
(専門試験・教養試験)も提供しますのでぜひ、ご参加ください!


posted by 東京アカデミー町田校 at 20:06| 公務員(大卒程度) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月10日

国家公務員試験:官庁訪問のルールが変わります!

みなさまこんにちは!
東京アカデミー町田校の公務員担当です。

本日は国家公務員採用一般職試験(大卒程度試験)の第1次試験合格者の発表日です!

既に弊社通学部生の方へはご案内させていただいておりますが、
今年から官庁訪問のルールが変わっており、
概ね2014年までのルールに戻っていると言えます。

人事院のホームページなどで確認されることをオススメします!!

https://www.jinji.go.jp/saiyo/saiyo/ippan/2019ippansetumeikai.html

なお弊社通学部生の方でルールがいまいちよく分からない方は、
お近くの東京アカデミー各校までお問い合わせ下さい。

それでは、
みなさまが最終合格を勝ち取りますことを心より祈願いたします。
posted by 東京アカデミー町田校 at 11:23| 公務員(大卒程度) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。