shiryoseikyu_over.jpg
資料請求はこちらからどうぞ!

2019年08月14日

次々と・・・民法改正『家族法〜親族編 特別養子縁組』

こんにちは。
東京アカデミーの福島です。

今日も公務員試験行政の専門試験の話。
専門試験にとどまらず、今日のお話は、教養試験の時事問題で出てくる可能性もありますので、ご注意を。


6月7日に民法改正が行われました。

相続法改正(=非嫡出子相続分 2013年12月5日改正)、
親族法改正(=再婚禁止期間短縮 2016年6月1日改正)、
債権法改正(2017年5月26日改正)、
成年年齢改正(2018年6月13日改正)、
相続法改正(2018年7月6日改正)、
につづく第6段です。

改正されたのは、民法817条の5です。

第八百十七条の五 第八百十七条の二に規定する請求の時に十五歳に達している者は、養子となることができない。特別養子縁組が成立するまでに十八歳に達した者についても、同様とする。
2 前項前段の規定は、養子となる者が十五歳に達する前から引き続き養親となる者に監護されている場合において、十五歳に達するまでに第八百十七条の二に規定する請求がされなかったことについてやむを得ない事由があるときは、適用しない。
3 養子となる者が十五歳に達している場合においては、特別養子縁組の成立には、その者の同意がなければならない。


このほか、関連する法律の改正として、家事事件手続法3条の5、164条、164条の2、234条〜239条、別表第一、
児童福祉法11条、33条の6の2、33条の6の3があります。

http://www.moj.go.jp/content/001296722.pdf

今回の改正について、法務省は以下のように説明しています。


特別養子制度は、家庭に恵まれない子に温かい家庭を提供して、その健全な養育を図ることを目的として創設された、専ら子どもの利益を図るための制度です。
現在、児童養護施設等には、保護者がいないことや虐待を受けていることなどが原因で、多数の子が入所していますが、
その中には、特別養子縁組を成立させることにより、家庭において養育することが適切な子も少なくないと指摘されています。

そこで、特別養子縁組の成立要件を緩和すること等により、この制度をより利用しやすいものとする必要があります。

今回の改正では、特別養子制度の利用を促進するために、
特別養子縁組における養子となる者の年齢の上限を原則6歳未満から原則15歳未満に引き上げるとともに、
特別養子縁組の成立の手続を二段階に分けて養親となる者の負担を軽減するなどの改正をしています。

なお,今回の改正は,公布の日から1年以内の政令で定める日から施行されることが予定されています。


http://www.moj.go.jp/MINJI/minji07_00248.html


平成26年〜27年の間に、「要件が厳格」等の理由で特別養子制度を利用できなかった事例 が298件。
うち「実父母の同意」を理由とするもの は205件 、 「上限年齢」を理由とするもの 46件あったそうです。

そこで、見直されたのが以下の2件です。

@ 特別養子制度の対象年齢の拡大
A 家庭裁判所の手続を合理化して養親候補者の負担軽減

今回の改正についての概要は、こちらの法務省のサイトのビラが分かりやすくまとまっています。
http://www.moj.go.jp/content/001296669.pdf

まだ、民法の専門書等でも改正の動向として概要が載っているだけですので(たとえば、わたくしが先月買った、前田陽一ほか「リーガルクエスト民法Y 親族・相続(第5版)」(2019年6月30日 有斐閣)の164〜165頁。買ったばかりなのに・・・)、上記ビラで内容を確認しておきましょう!

問題は施行日ですが、成立から1年以内ということで、2020年の専門試験での出題は微妙です・・・。

ただし、新聞報道もされていましたから、来年の教養試験に出題されてもおかしくありません。

東京アカデミー町田校では、
2020年実施の公務員試験の合格に向けた、
通学講座「9月生」を現在、好評受付中です!!
9月24日開講予定です!

詳しくはこちら!
http://www.tokyo-ac.jp/lesson/49801.html#long

また、債権法改正については、東京アカデミー各校舎で無料イベントを予定しています。
関東地区では、池袋校で実施を予定!
今回の公務員試験攻略イベントは「民法改正攻略ゼミ」として、
【第1部 民法改正はチャンス(90分程度)】
【第2部 専門試験と教養試験(60分程度)】
の全150分、無料で開催します!
2020、2021年度試験を目指す公務員志望者の皆さん、必聴です!!

詳しくはコチラをご覧ください!
http://www.tokyo-ac.jp/university/special/index.html
posted by 東京アカデミー町田校 at 16:00| 公務員(大卒程度) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする