shiryoseikyu_over.jpg
資料請求はこちらからどうぞ!

2019年06月19日

国家公務員一般職の専門試験 民法2=債権法・家族法 No.27、そして民法改正攻略ゼミのご案内

こんにちは。
東京アカデミーの福島です。

16日に国家公務員一般職の試験が行われました。
問題も入手し、いくつか見ているのですが、
わたくしの注目は専門試験の民法問27でした。

2019年度の国家公務員一般職の試験委員(民法)に中央大学の山田八千子教授が再任されたからです。
2018年度は中央大学の宮下教授でしたが、2017年度までは山田教授が務めていました。

その山田教授が書かれた最近の論文を、わたくしは持っていました。

IMG_2290.jpg

商事法務の「詳解改正民法」です。


この本の437頁以下に「相殺(1)ー差押えと相殺・相殺充当」という論文を書かれています。

もともと山田教授は、「相殺」に関する論文が目立ちましたので、
https://ir.c.chuo-u.ac.jp/researcher/thesis/00010416.html
債権法改正に関する説明でも「相殺」について書かれていることも当然、と思っていました。

改正債権法は2020年4月施行のため、国家公務員一般職でも2020年実施試験では改正債権法からの出題が予想されます。
山田教授が書かれている「相殺」の論文では、
「差押えと相殺」という論点に関する改正民法511条では
いわゆる無制限説という判例の立場が明文化されたので、
ここからの出題が来年はあるのかな、と勝手に予想していました。

が、今年の試験で「相殺」を出してくるなんて・・・。

ただ、「詳解改正民法」で解説されている論点は出ておりません(難しくない、基本的な問題です)。

しかし、2年連続で「相殺」を出すことはあるのでしょうか???

民法は、「総則・物権」「債権法・家族法」で2科目扱いですが、
「債権法・家族法」の5問は、
債権総論2問、債権各論2問、家族法1問という配分が予想されます。
2019年もそうでした。

それでは2020年の改正民法は、どのような形で出題されるのか・・・???

東京アカデミーでは、全国で「公務員試験攻略イベント 民法改正攻略ゼミ」を実施予定です。
関東地区では、池袋校で実施予定です!

民法の債権法が120年ぶりに改正され2020年4月から施行されます。
今回の公務員試験攻略イベントは「民法改正攻略ゼミ」として、
【第1部 民法改正はチャンス(90分程度)】
【第2部 専門試験と教養試験(60分程度)】
の全150分、無料で開催します!
2020、2021年度試験を目指す公務員志望者の皆さん、必聴です!!


http://www.tokyo-ac.jp/university/special/index.html
http://www.tokyo-ac.jp/pdf/university/special/bira_2019_minpo.pdf

9月7日(土)13時〜 東京アカデミー池袋校にて

いまからスケジュールに入れておきましょう!


東京アカデミー町田校では、来年の公務員試験の合格を目指す「6月生」の開講が迫っています!
現役生部・夜間部=6月22日(土)
全日制=6月24日(月)開講です!

詳細は以下のサイトをご確認ください!!
http://www.tokyo-ac.jp/lesson/49801.html#long
posted by 東京アカデミー町田校 at 14:00| 公務員(大卒程度) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする