shiryoseikyu_over.jpg
資料請求はこちらからどうぞ!

2018年07月17日

2017年夏実施教員採用試験合格者アンケートから学ぶ『教員採用試験 学習計画』第2弾!

こんにちは。
毎日暑い日が続きますね…
昨日やっと自分の部屋に新しいクーラーが届きました!
これで寝苦しい夜から解放されます…
みなさん夏バテや熱中症には注意して下さいね。

7月10日に、2017年夏実施教員採用試験合格者アンケートから学ぶ『教員採用試験 学習計画』の記事を載せました。
今日はその第2弾です。
「教養試験対策をするにあたり工夫した点や弱点克服法など」の回答をご紹介!

・教育原理や心理、教育史は関連付け覚えるようにした。文字列として頭に入れようとすると限界があるので、講師の先生にお話をうかがうなどし、学習内容について、時間がかかっても理解した上で暗記を行うように心掛けた。
・教育心理と教育史に関しては暗記科目のようなものなので、レジュメを使い覚えるまで復習した。法規と原理は覚えるだけでなく、答申などを使い、具体的にどう書かれているのかきちんと調べるようにした。そうすることで、2次の面接対策にもなったと思う。
・東京アカデミーでもらった資料を通学中に毎日見ていました。
・東京アカデミーの県別テキストを授業で使った資料を使いながら解き、苦手なところや他の自治体でも出題されている問題を繰り返し解くようにしました。
・県別直前対策(東京アカデミーで実施)がとても私にとっては大きかった
・自治体対応のテキストを解説まで暗記した。このテキストを5、6周して、同じような問題が出たときに確実にできるようにした。
・東アカのテキストや過去問をとにかく繰り返し勉強した。
・教職教養は東京アカデミーの「出題科目別過去問題集」を繰り返し解いた。 一般教養はオープンセサミと授業内容の復習に力を入れた。
・過去問や東京アカデミーの県別の対策テキストなど、講義で使用したテキストを何度も覚えるくらい解いた。間違えた問題はチェックをして繰返し解いた。
・教職教養はやればやるだけ成果が実感できたので、勉強に行き詰まった時や落ち込んだ時にやってモチベーションをあげていました。 2〜3月に貰った出題科目別過去問題集で教職教養はぐんと伸びたと実感しています。それまでは、授業で配られるプリントを、赤シートを使ってひたすら頭に入れるようにしていました。 弱点は通学などのバスや電車で赤シートを使ったり、お風呂に持ち込んで半身浴をしながら勉強して、問題に見慣れるようにしました。
・過去問分析に力をいれ、学習する範囲を大幅に短縮しました。面接でも聞かれる法規に7割くらいの時間を使いました。教育史は出る形が決まっていたので、人物と著者や建造物のつながりだけを単語カードで覚えました。
・過去問を解き、出来なかった分野を問題集で勉強しました。
・7年分程の過去問を全てコピーして一問ずつノートに貼り、答えの解説や関連した憲法や法律などをオレンジペンを使いながら書いて、専用のノートを作っていました。何度も間違えてしまう問題にはチェックを付け、他に暗記本を買って徹底的に理解に努めました。
・講座で一通り学んだあと、問題集や過去問題集をひたすら解いていました。昨年度の都道府県別問題集(東京アカデミー刊)が非常に役立ち、間違えたところにはチェックを入れ繰り返し解きました。
・様々な自治体の過去問が載っている問題集を解いて、苦手なところを何度も繰り返した。
・苦手なものより得意な分野を伸ばすこと、教育時事中心に勉強した。
・講師の方の話を集中して聞いて、復習をした。問題集で繰り返し解き直して、完璧にするまでやりこんだら本試験で9割取れた!!
・東京アカデミーの授業で学んだことの復習と、過去問を解くことに集中しました。私は採用試験の3ヶ月前までは、授業の復習だけに取り組み、その後は過去問を解くというスケジュールを組みました。
・全てが初めてで知らない内容だったため、一言一句聞き漏らさぬよう授業に集中した。 演習問題を何周もやり傾向に慣れ、知識の定着を図った。
・アカデミーの講義の中できちんと覚えるということをとにかく意識していた。
・講義後や模試の後はその日のうちに復習をしていました。
・講座で教えていただいた繋がるべきキーワードを、単語帳にして覚えた
・苦手な数学は、絶対にわかる問題以外は捨てて、覚えやすい社会科学に力を入れて勉強するようにした(一般教養)。著書名、キーワード、人物名など、ポイントに絞って暗記するようにした。 出題科目別問題集の間違えた問題に印をつけ、どこで良く間違えるのかを分析し、その部分を重点的に覚えるようにした(教職教養)。
・暗記が得意という事もあり、文系科目は音楽・美術などの細かいところ含め、満点を取るつもりで覚えました。理系科目は問題集を4〜5周することで公式の使い方や解き方を身体に染み込ませました。教養試験に関しては、東アカのテキストで反復練習すれば8〜9割は取れると思います。


・・・どうでしたか?教養試験対策のイメージは付きましたか?
次回のブログ更新では合格者アンケートのうち、「専門試験対策」について合格者のコメントを色々ご紹介する予定です

教員採用試験の合格者を多く輩出してきた東京アカデミーの通学講座について知りたい!という方は、コチラからご確認くださいネ!


posted by 東京アカデミー町田校 at 18:08| 教員採用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする