shiryoseikyu_over.jpg
資料請求はこちらからどうぞ!

2013年03月08日

看護学校受験 受験校決定のポイント〜専門学校編〜

こんにちは。
東京アカデミー町田校の福島です。
今日のWBCは本当にハラハラしました。
「侍JAPANが、信長を破った歴史的瞬間」というツイッターには笑ってしまいました(試合時間終了が23時半をまわってTV中継が延長、『信長のシェフ』というドラマの最終回が翌週に延期になってしまったことを受けてのツイートです・・・)。


さて。

看護学校の受験を考え始めた方へ。

受験の対策としては、
まず「一般入試」に向けて勉強を進める計画を立てましょう。

合格の時期が早く決まり、かつ、受験科目も少ない推薦入試は、
指定校推薦以外は倍率が高く、
早い段階からの準備が必要になります。
公募推薦・社会人推薦だけを考えるのは、
リスクが高いと思います。

一般入試に向けて勉強を進める中で、
あわせて公募・社会人入試の対策を取りましょう。
推薦で受かったらラッキー(幸運を呼び込むのも実力のうちです)と考えて対策を立てるべきでしょう。

では、どのように受験校を決めるべきか?

実習もあるしレポートも大変なので通いやすいところというのもポイントでしょう。
また、学費の多寡も当然、学校選びのポイントです。
卒業生の就職先、国家試験の合格率などなど、ポイントはたくさんありますが、
一般入試で課せられる教科・科目が重要なポイントになってきます。

看護の専門学校の場合、
3科目受験という学校が多く、
現代文・英語は必須で、数学T(Aが必要なところもあります)か理科(生物T・化学T)のどちらかを選択させるところが多いと思います。

数学にアレルギーがあるから生物選択!という人も多いと思います。
東京アカデミー町田校に通う方に人気のある厚木看護専門学校や相模原看護専門学校は
生物Tが必須となります。

しかし、学費が安くて人気のある東京都立の看護専門学校や、
神奈川県立の看護専門学校など、
数学が必要となります(神奈川県立はAも必要)。
数学選択の方が、併願できる学校が多くなります。

生物選択者は、上記2校のほか、2科目入試の学校、
または聖マリアンナ医科大学看護専門学校のように数学・理科を選択できる学校を
併願することができます。

このような情報は、東京アカデミーから出される情報誌「合格のツボ@」の入試科目早見表で
検討することが可能です。

受験校を決める場合には、
オープンキャンパス・学校見学会等に参加をすること!
学校の特徴や
先生と生徒の距離などを見ておきましょうね。


通学講座3月生は3月16日(土)開講です!




大卒程度公務員試験対策講座 特待生制度のお知らせ
posted by 東京アカデミー町田校 at 23:55| 看護医療系学校受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする