shiryoseikyu_over.jpg
資料請求はこちらからどうぞ!

2013年01月27日

教員採用試験受験生の方に 本日の読売新聞朝刊の記事

大卒程度公務員試験対策講座 特待生制度のお知らせ

こんにちは。
東京アカデミー町田校の福島です。

今朝の読売新聞の社会面に、
「体罰考」というコーナーが作られました。

第1回のインタビューは、やはり、元巨人の桑田真澄投手です。

先日紹介しました朝日新聞のインタビュー記事と重なるところが多いのですが、

「体罰は、暴力で脅して子どもを思い通りに動かそうとする、指導者にとって最も安易な方法」
「子どもたちの成長を真剣に願うなら、殴ったり蹴ったりするのではなく、なぜ上手くいかないか、どのようにしたら上手くいくのか、一緒に悩み考え、ヒントを与えるのが指導者の役目」
「スポーツ医科学の世界ではコミュニケーションのあり方も含めて新たな指導法が研究されています。時代に合わせて指導方法も変えていかなければならないのです」

など、私も個人的に納得できる意見です。

「最後に、指導者や先輩の体罰に悩んでいる君へ」としてメッセージを送っているところが朝日新聞の記事とは違うところです。

26日のブログでも紹介した記事とあわせて、
是非、読んでみて下さい。

その上で、自分ならどう指導・実践するのかを考えてみましょう。

東京アカデミーでは、「教員を目指す!」方を応援しています!
通学講座「2月生」を現在、好評受付中です!
2月からは「県別対策」も始まります。

「県別対策」は関東1都3県=東京都、神奈川県・横浜市・川崎市・相模原市、千葉県千葉市、埼玉県のそれぞれの傾向を分析して作成したオリジナルの『県別対策テキスト』を使用し、志望先の出題に対応できる力を養う講義です!

2月生は、
2月10日(日)または12日(火)開講です!
詳細は、コチラを御覧下さい。
posted by 東京アカデミー町田校 at 10:17| 教員採用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする