shiryoseikyu_over.jpg
資料請求はこちらからどうぞ!

2012年09月03日

今日の1問。 平成23年東京特別区T類専門 問6 行政法

こんにちは。
町田の公務員試験合格のための予備校=東京アカデミー町田校の福島です。

今週1週間も元気に頑張っていきましょう!

東京特別区の採用面接が始まりました。
町田校から合格者も採用面接に向けての打ち合わせや
面接練習等を先々週から先週にかけて行ったところです。

そんな特別区最終合格者、または、来年の特別区を受験する方。
千代田区のこの条例はご存知でしょうか。

リンク先は、PDFです。ご注意ください。
千代田区地球温暖化対策条例

なんと、会話で始まる条例です。

そして、ですます調。

一度、読んでみましょう!


さて、
今日の1問!
平成23年東京特別区T類・専門の問6、
行政法です。


No.6 行政法の法源に関する記述として、妥当なのはどれか。

1 条例は、憲法で地方公共団体に条例制定権を承認しているため、行政法の法源となるが、地方公共団体の長が定める規則は、行政法の法源にはらならない。
2 法源には、成分の形式をもって制定する成文法源と慣習法のように文章では表されない不文法源があり、最高裁判所の判決は、先例として大きな影響力を持つことが多いので、行政法の成文法源となる。
3 命令は、法律の委任に基づく委任命令と法律を執行するための細目について規定する執行命令に限られ、行政機関によって制定される内閣府令や省令も行政法の法源となる。
4 条約は、国家間または国家と国際機関との間の文書による合意であり、国際法上の法形式であるが、国内法としての効力を持つものではないので、行政法の法源にはならない。
5 法律は、国権の最高機関である国会の議決により制定される法形式であるから、最上位の成文法源である。




正答 3
≪難易度C≫
 法学の基礎と憲法の学習だけで解けてしまう問題。平成21年の問6も「行政の法源」からの出題。
 法源とは、法の存在する形式のことです。行政法において、法として認識すべき規範の形式(法の存在形式)は何かという問題です(桜井・橋本「行政法(第3版)」有斐閣11〜12頁)。
肢1;地方公共団体がその自治権に基づいて定立する法規たる定めを、憲法は総称して「条例」(憲法94条)といっています。地方自治法はこれを条例(地方公共団体の議会が地方自治行政を実現していくうえで必要であると判断した場合に、自主的に制定する法規たる定め)と規則(地方公共団体の長が定立する法。地方自治法15条1項)の二種に分けています(原田・要論32,33頁)。この規則も、独自の法源として作用する自主法(国から自治権を認められた団体がその自治権に基づいて独自に制定する法)です(原田・要論33頁)。したがって、本肢は誤り。
肢2;成文法源とは、立法者が成文の形式(条文の形。原田・要論28頁、川井健「民法概論総則(第4版)」有斐閣2頁)で定立する法源をいい、そうでないものを不文法源といいます。成文法には、憲法、条約、法律、命令、条例があります。不文法源には、慣習法、判例、条理が分類されます。判例法源は不文法に分類されますので、本肢は誤り。
肢3;命令は、行政機関により制定される成文法の形式です。憲法上容認されるのは、執行命令(法律を執行するための命令。憲法73条1号参照)および委任命令(法律の委任に基づく命令。憲法73条6号参照)に限られます(準拠テキスト行政法67頁)。したがって、前段は正しいです。
   命令には、内閣が制定する政令(憲法73条6号、内閣法11条)、内閣総理大臣が内閣府の長として発する内閣府令(内閣府設置法7条3項)、各省大臣が制定する省令(国家行政組織法12条)、各外局の長や委員会の発する規則(国家行政組織法13条)などがあります(原田・要論29〜30頁)。したがって、本肢が正解。
肢4;条約とは、国家間の、国際法上の権利義務を定める約定であり、ただちに国内法としての効力をもつものではありません。しかし、国際法規も「これを誠実に遵守することを必要とする」(憲法98条2項)から、これがいったん公布されると国内法に転換し、その内容が国内行政に関し自力執行性のある具体的定めを含んでいれば、以後、行政法の法源となります(原田・要論31頁)。したがって、本肢は誤り。
肢5;憲法の最高法規性から、すぐに誤りと判断できると思います(憲法98条1項)。行政法は、憲法の定める基本的価値を具体化するものです。また、憲法は、国家の基本法として、行政に関する基本的事項を定めています。これらのことから、憲法は、行政法の第1の法源ということができます。



どうでしたか。
基礎知識が大事!ということを改めて認識していただけたかと思います。
基礎知識をマスターして合格を目指す「通学講座9月生」を現在、好評受付中です!
お申込みいただいた方には、私を含めて東京アカデミー町田校のスタッフが全力でサポートします!法律系の質問は、常駐の私にドンドン聞いてください。試験情報・学習法含め、一人ひとりにあった合格のためのサポートをしていきます!
posted by 東京アカデミー町田校 at 00:00| 公務員(大卒程度) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする